読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

大冒険家dokuhuntのブログ

車中泊中毒者のdokuhuntが日々のストレスと戦いながら毎週ネットラジオを更新し続けるブログです。ネットラジオは水曜日0時更新です

戦慄の家庭板案件!バリキャリトメは如何に鬼婆へ成り果てたのか?/151126/二本松観光のお話とか

車中泊
ちょっと吐き出させていただきます。
 
超有名どころに勤務しているバリキャリのトメ(お姑さん)は非常に社畜魂あふれる人でした。
そこの社長に娘が生まれたんですが、可哀想なことに障がい者でした。5歳になっても全く口のきけないというかなりの重度のご様子。
 
私も可哀想だとは思っていたんですが、ここでトメは持ち前の社畜魂を発揮して、怪しげな占い師に見てもらったそうです。
 
そこの占い師曰く、この障がいを直すためには新鮮な生き胆が必要だと。特に妊婦の体内にある赤子の生き胆を大量に飲ませれば治る!とのこと。
 
私は眉唾だったんですが、これでトメが暴走したんです。このトメさん、自分に娘がいたんですが、既に独立しており没交渉。仕事しかなかったのは分かるけど、本当に妊婦を襲いだしたんですよ。
 
何人もSATUGAIして生き胆を取っていたらば、出産寸前の妊婦がちょうどやってきた。
 
これ幸い!旦那もろともSATUGAIしたところ、胸元のお守りにより、この妊婦は自分の娘であったことが発覚!このトメさんもさすがに精神に異常をきたしたそうです。
 
その後、メンヘラと化したトメさんは妊婦だけでなく、旅人を見境なくSATUGAIし、人肉を貪る鬼婆へとステップアップしてしまいました。
 
その後なんですが、さすがに派手に暴れまくったので、事態を重く見た政府筋から高僧が派遣されて鎮圧されたそうですよ。
 
 
改めましてこんばんは
大冒険家のdokuhuntです。
 
さて、本日も二本松のお話をしようと思います。
その前に、家庭板ってご存知ですか?
2ちゃんねるの家庭板というのがありまして、そこでは生活や結婚に伴う様々なトラブルが語られており、酷い話が全体の80%ぐらいあるんですが、どれも非常にためになります。まとめサイトとかは「鬼女」でググる
すぐに見つかります。
 
ただ、未熟な人間が読むと女性不審に陥る可能性が高いところですが、結婚生活を顧みるにあたり、ここに乗るような事だけはやらないようにしよう!と参考にする分には非常に有効なサイトですね。
 
 
そんな訳で冒頭の文面ですが、これは二本松に伝わる「安達ケ原」の「鬼婆」伝説です。昔話ですが、家庭板案件っぽく書いてみました。
 
鬼婆。人を食う化け物ですが、人を襲うにはちゃんと理由があったんですね。そして驚いたことにここ二本松にはその鬼婆が住んでいた岩屋とそれを封印したお寺が存在するんですね。
 
それがこちらの黒塚です。
 

f:id:dokuhunt:20151126145048p:image

 
そしてこれが、鬼婆の住んでいた伝説の岩屋
 

f:id:dokuhunt:20151126145053p:image

 
 
実のところ、この近所にはこんな大きな岩がゴロゴロしている訳でなく、このお寺の境内だけにこの巨石があるんですね。不思議ですよ。そしてここに鬼婆が住んでいたんですから。
 
ちなみにここの受付の方に前に書いた「立美」さんとか「みよし」さんの情報を頂きました。
 
まあ、この鬼婆伝説で驚いたのがこの鬼婆の社畜魂!上役に取り入る為殺人も厭わないってのは本当に酷いです。しかしながら、日本って昔からこんなクレイジーなこと普通にあったんですね。1000年以上前の古文書とかで納期遅れ云々の愚痴が書いてあるとか聞くと進歩の無さに絶望したくなりますな。
 
 
これはシャアさんもコロニー落としたくなりますわ