読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

大冒険家dokuhuntのブログ

車中泊中毒者のdokuhuntが日々のストレスと戦いながら毎週ネットラジオを更新し続けるブログです。ネットラジオは水曜日0時更新です

車いすのおばあちゃんを傷害罪で訴えた極悪極右国会議員に憤りを覚えた全てのツイッタラーに向けてのお話

和田政宗 高江
改めましてこんばんは
大冒険家のdokuhuntです。
 
さて、本日のお話ですがこちらのニュースです。
 
 
 
今回は、このニュースについてのみ意見を述べたいと思います。あくまでもこの件についてのみです。議論が飛び火すると収拾つかなくなりますんで。高江の問題自体に関してはスルーさせて頂きます。申し訳ありません。
 
まず、先ほどのこのリンク
web魚拓です。
さて何故なのか?
 
要約すると、和田政宗議員が高江での反基地運動に対して、挑発的な発言をし激高したおばあちゃんに殴られそのおばあちゃんを暴行罪で訴え、警察に連行された!というニュースが流れました。
 
記事としては国会議員のやることか!とこれが日本のこころか!と糾弾しています。そしてこのおばあちゃんは戦時中火炎放射器のなかをかいくぐって生き延び、またこの沖縄を戦場にしないために体を張っているという凄い人とのこと。
 
この記事はツイッターでも拡散されて著名人も憤りを表明しております。
 

 

 
そして多くの皆さんが極悪極右ネトウヨ議員の所業に怒り心頭になりました。
そして実のところ、和田政宗さんはうちの地元、仙台の議員さん。本当だったら大変なことだよと非常に興味を引かれた次第。きちんと理解すべく調べてみると不謹慎ですが非常に面白かったので、この記事を書くに至った次第です。
 
もう一度書きますけど、このニュースについてのみ意見を述べたいと思います。あくまでもこの件についてのみです。議論が飛び火すると収拾つかなくなりますんで。高江の問題自体に関してはスルーさせて頂きます。申し訳ありません。
 
まずはこの和田政宗さん。ブログを書いてます。
個人的にはブログを書いている政治家は好きです。疑惑が持ち上がった時にその人の反論をすぐにチェックできますんでね。
 
 
そして今回の問題に該当する記事はこちら
 
 
 
 それを受けてのIWJ岩上さまの対応方法がこちら
 

 

いや~驚いたよ。
 記事削除されているってでたもの!
そして和田政宗さんのブログでも
 
 
なので、冒頭のリンクは魚拓にしているんですよね(ここ重要)
 
ここまでが第一ラウンド
 
さて、ここまででどのような印象を抱いたでしょうか?
 
えっ?しっかりと裏取りせずに記事書いたの?
かなり拡散された後に消すってどういうこと?
 
自分はこんな感じです。
 
どちらがやらかしているのか?
それは皆様の判断にお任せします。
 
あ、もう一度書くけどあくまで、今回のこのニュースのみにテーマを絞って書いています。議論の収拾がつかなくなりますのですいません。
 
 
で、ここで終わりと思いきや、ネクストあるんですな。
 
第二ラウンドは沖縄タイムス紙に記事が掲載されたことから始まります。
 
 
ほぼIWJさんの内容のとおり。若干は違いますがね。
 
そして、それに対する和田政宗さんの反論記事がこちら
 
 
ここでIWJさんはウルトラCを繰り出します。
なんと例の記事を復活させます!
 
 
凄いよね!削除して逃げるのか!と書いてある和田政宗さんのブログのリンクからも飛べてしまうという!これは和田政宗さん、この記事だけ見ると削除って書いているけど新聞にも載ったしリンクも復活しているし・・・
本当はやらかしたんではないか?という印象を受けてしまいますね。
 
 
ただね、同じ内容ではなくこまか~く修正されています。誤解されないように??ね。
そしてさすがに、修正に至った経緯も記事にしてくれています。
 
 
まあ、リンクばっかりだとアレなのでIWJの訂正記事から抜粋し今回のニュースを見てみますと
 
和田政宗議員のちょうはつで、おばあちゃん激高し殴って議員を殴り、被害届を出されて出頭させられた → 誰が誰を名指しして被害届を提出したかは、島袋氏の弁護団も把握しておらず、名護署に対する取材でも、「島袋氏への出頭要請が被害届によるものか」どうかすら開示されていません。(IWJ訂正記事のリンク内にこう書いてある)
和田議員は取材に応じず → 取材の確約を取れなかった為、この表記
このやりとりの詳細は下記の通り(IWJ訂正記事の引用です)
ーーーーーーーーーーーーーーーーー
佐々木「辺野古で和田議員が市民に暴行を受けたとして被害届を出されたことについて、東京の事務所に電話したところ、仙台の方に連絡してみたらどうか、とうかがいました。こちらの方で、簡単にお話おうかがいすることは可能でしょうか?」

男性スタッフ「実は今週来週日程の方が入っており、事務所にもいつも夜入ったりとかいう状況だったので…取材ですか?」

佐々木「事実確認や、簡単なコメントをうかがえればと…」

男性スタッフ「和田議員本人が、電話での取材では失礼にあたるという考えをもっているので、仙台の方においでいただくか、それでも日程の方が今週来週いっぱいいっぱいで、夜遅くだったり早朝であったりという時間になってしまうもので…」

佐々木「短い取材になると思いますので、できたら電話でと思っていたのですが…」

男性スタッフ「和田議員が、それでは失礼にあたるとのことで話しておりまして…」

佐々木「この取材申し込みの件は和田議員の方に伝わっているのですか?」

男性スタッフ「東京事務所から連絡があり、問い合わせ等々があれば失礼のないように、という部分では話しておりましたので…」

佐々木「例えば我々の電話番号をお渡しして、和田議員がお手すきの時に短くコメントをいただく…というのは難しいのでしょうか?」

男性スタッフ「それでは、御社の記者の方に失礼にあたる、という考えをもっておりますので…」

佐々木「和田議員が東京に戻られるのはいつでしょうか?東京に戻られてから日程調整して、直接会ってお話をうかがえればと思ったのですが…」

男性スタッフ「国会の方が開会中で、委員会も流動的で、終わったあとにそのまま仙台に戻るというように、忙しい活動をさせていただいているもので…。なので今週来週はちょっと日程的にバタバタという状況で、取材というお話であれば、またあらためて、来週以降にでも、ちょっとまたお電話いただければ…」

佐々木「基本的に、平日は東京に戻っているという認識であっていますか?」

男性スタッフ「仙台の方には、夜であれば、終わり次第戻ってくる、でまた東京に戻ったり…」

佐々木「平日でも、東京と仙台を行ったり来たりですか?わかりました。すみませんお忙しいところ諸々おうかがいしてしまいまして、では東京の方でまた日程調整できればと思います」

男性スタッフ「そういうような部分で、なんとか時間取れればと思うのですが、現実、そういうような状況でしたので…」
——————————–
 上記のように、4回にわたる取材申し込みに対して、和田議員の秘書・スタッフの方からは、和田議員の考えとして「電話では失礼にあたる」という言い方はされたものの、和田氏が「必ず会って取材を受ける」旨や、「直接会って取材を受ける、と和田氏は言っている」との確約はありませんでした。

 上記のいきさつから、当該記事タイトルにおいて「再三取材を試みるも応じず!」という見出しをつけた次第です。
 
ーーーーーーーーーーーーーーーーー
以上はIWJソースで確認できますね。
取材の確約がされなかったのでそう書いたと。
 
上記のことを踏まえたうえでこのタイトルの記事ができています。
 
 
補足として和田政宗さんのブログを見てみます。
 
和田政宗議員のちょうはつで、おばあちゃん激高し~ → 高江に行き道路の不法占拠を辞めるように演説を行った
おばあちゃん激高し殴って議員を殴り、被害届を出されて出頭させられた → 反基地活動家の女性が「反基地運動に違和感を覚える沖縄在住のボランティアnot日本のこころ党員」の男性に暴行したので被害届を出した。証拠の動画も撮影済みでネットに上げていないのもあり。はっきりと暴行場面は撮影されており全て警察にも提出してます。文子おばあに関しては暴力を受けたものの訴えていません。国会議員がそんなことするか!
和田議員は取材に応じず → 初対面の記者に対して「言った言わない」でもめるのを避けるため、初見は必ず会って対面で取材を受けることにしている。取材に応じずとは虚偽だ!
 
と、こんなところかな。
 
一次ソース(現場で居合わせてその状況をその目で見た)ではなく二次ソースですので、事実確認はできず推測のみですが皆さまはどうお感じになりますかね?
 
結果としてですが、情報戦に関してはIWJ岩上さんの大勝利ですよ!
おめでとうございます!
 
ここ数日のツイッターの流れを見るにつけ、仙台にはおばあちゃんを訴える極右議員がいることを「事実」としてツイッターで拡散しまくられていますかね。極右議員を当選させる仙台はなんて土地なんだ!そうイメージされるに十分な威力がありました。和田政宗さんや日本のこころに対する誹謗中傷はかなりの数あるもの。
 
今も憤りのツイート増えていると思います。
 
 
そしてうまいな~と思うのは、IWJの訂正記事の中にある和田政宗さんの反論記事へのリンクをクリックするとnot foundと削除されていますと表示されちゃいます。(

http://blogos.com/article/194386/%20target=

)反論記事も削除しているようじゃあ~いよいよこいつは嘘ついている!なんてやつだ!となりますよねぇ~IWJの記事だけを見る限りね。
 
ただ、このリンク間違っているので正しいリンク貼っておきますね。
削除もされていませんので大丈夫です。
 
多分ミスだとは思うけど、さっすがは情報強者!小技も冴えるよねぇ~さすがだわという印象を持ちました。ブログ書くときはリンクの確認本当に大事! みんなもリンク切れには気をつけようね!IWJさんには早期修正を望みます。
 
思うに、一度ついた評価やイメージって払しょくは中々できないですよ。残念ながら。でもねちょっとね、ちょっとちょっとですよ。
 
自分もノリでリツイートして喜んでいたらば、「それデマですよ」と教えてくれる人がいたので助かりました。(ぶたおさんありがとうございます)なので、その恩返しもかねてこの記事を書いてます。
 
正義の人が憤りを覚えてツイートし、それが著名人にも拡散。多くの人が問題意識を共有し社会はよりよくなっていく。理想的ですよね。義憤にかられるのは清い心を持った良い人だと思います。
 
ただ良いことをしようとしている場合は往々にしてストッパーが効かないもんです。
 
怒りを覚えたとしても、その憤りのその情報ソースは本当に正しいのか?後ほどわんさか訂正入ったらば?
 
和田政宗議員を非難するのは言論の自由でオッケーです。が、「おばあちゃんに国会議員が殴られ、そのおばあちゃんに対して傷害罪で被害届」という事実は確認されていないんで。そのままそのツイート残しておくと最悪名誉棄損で訴えられてしまわないか!?この一点を本当に心配しています。
 
以上が僕の目にした「情報戦争」です。
 
義憤でツイートしたがそのソースがデマだったりするとします。その後正義の人が名誉棄損とかで訴えられるとするとね・・・悲しいまでに情報戦争の犠牲者だと思います。
 
このニュースを見て思ったことをツイートするのも自由ですし、ツイート消す消さないのも、あなたの自由です。この記事だって自分の主観をなるたけ入れずに書いたつもりですけど、間違いや事実誤認はあると思います。が、本当に最近のニュースは信用できないので、注意したほうが良いですよ~と言うのが結論です。反対側の意見も見ないと本当に危険!というのは自分の主張ですわ。
 
右も左も嘘をつくから振り回されないようにしないとね。
 
異論反論は自由ですけど、あくまでもこのニュースに絞っていただくとありがたいです。収拾つかなくなるからね。
 
皆さんに思い出してほしいのはこのAA。
古いけど、この心根を忘れずにいたいものです。
 

f:id:dokuhunt:20161025100158p:plain

 

もう一度、言いたかったことをまとめます。

 

和田政宗議員を非難するのは言論の自由でオッケーです。が、「おばあちゃんに国会議員(本人)が殴られて議員自らおばあちゃんに対して傷害罪でおばあちゃんに対して被害届提出or国会議員関係者らが傷害罪でおばあちゃんに対して被害届提出」という事実は確認されておりません。あるのは

 

「誰が誰を名指しして被害届を提出したかは、島袋氏の弁護団も把握しておらず、名護署に対する取材でも、島袋氏への出頭要請が被害届によるものかどうかすら開示されていません」form 最初のこの件を報道したIWJの修正ニュースソース

 

さて、この情報で堂々と胸をはって糾弾ツイートを拡散できるでしょうか?そのツイート、そのままにしといて名誉棄損とかで訴えられない!?大丈夫!?本当に大丈夫!?そこ本当に心配!

 

これだけです。

 

最後に高江の問題はツイートしてても、このニュースには一切触れない清水記者はさすがだな~と思いました。さすがはもてらじ公認記者だなと。裏取りは本当に大事!

 

twitter.com

 

おわり

 

 

以下は自分の主催しているネットラジオの宣伝になります。
 
Joe_Jack_Man's_Podcastは情弱な男dokuhuntが様々なゲストの方をお迎えしやりたい話をしたいだけする無料のネットラジオ放送です。お手軽に聞けますようyoutubeで配信しておりますのでよろしくお願いいたします。
 
 
 
お気に入り頂けた場合は、下記のyoutube登録ボタンを押していただくと更新のお知らせが届きます。
 
youtube版の登録↓

 

 

 

 
 
また、WIFIが自宅にない、パケット制限中の方用にオフラインでも聞けるよう、i-tunesでも配信しております。i-tunesで「dokuhunt」もしくは「じょうじゃく」で検索頂くか、下記のリンクをクリック頂けると登録できます。
 
アンドロイドの方向けにダウンロード用RSSをご用意しております。こちらも「dokuhunt」もしくは「じょうじゃく」で検索頂くか、下記のリンクをお手持ちのpodcastアプリに入れていただければオフラインでも聞けるようになります。
 

アンドロイド用RSS直リンク!

http://dokuhuntnetradio.seesaa.net/index20.rdf

これをコピーしてポッドキャストのアプリにぶっこんで下さいな。

 
番組へご意見ご感想、苦情、クレームなどはツイッターにて #じょうじゃく で呟いていただくか、下記のメールフォームよりお寄せ下さい。励みになりますので重ねてよろしくお願いいたします。