読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

大冒険家dokuhuntのブログ

車中泊中毒者のdokuhuntが日々のストレスと戦いながら毎週ネットラジオを更新し続けるブログです。ネットラジオは水曜日0時更新です

150414/警察のセカンドオピニオン

よもやまばなし

150414/警察のセカンドオピニオン

 

本日、BSもてもてらじ袋、てっちゃんさんクレジットカード無断使用されるの回を聞きました。いつもは感想をツイートしていましたが、すごく長くなるのでブログに書いてしまいます。

 

moteradi.com

 

お二人が何故にそこまで反体制派なのか疑問でしたが、今回の放送を聞いて納得いたしました。体制側に痛い目を合わされたからですな。

 

よく、反体制的な言動を言うと非国民だとか言われますが、確かに体制側から抑圧されたらそういう風になりますよね。実際に左翼活動家の方の中にもそんな目にあったからそういう道に進んでいる方もいるかも知れません。

 

おっと、忘れていました
改めましてこんばんは
大冒険家のdokuhuntです。

 

さて今回はもてらじさんの感想を述べています。話を警察のことに戻しますと、確かに仕事しないことが多い。自分も車を当て逃げされたり、防犯カメラの前で財布を盗まれたりしましたが、全く解決してくれていませんもの。

 

犯罪が少なくなっていると聞きますが、少なくするように被害届を握りつぶしているのでは?今回の放送をお聞きしてそう思いました。

 

ここから先は作り話です。


自分がそういう目に会った訳ではなく、裏も取れていませんのでインターネットで見た!程度の信ぴょう性で、お聞きください。

 

とあるカップルが運転中に信号待ちの最中に追突事故にあったそうです。怪我とかは無かったそうです。当然警察を呼んで事故処理をしました。ぶつけた相手はかなり態度が悪かったそうですが目撃者もいて、保険の手続きとかをしたらば普通に治せるなと言うところだったそうです。

 

しかし、後日保険会社からの連絡で驚愕したのはこっちがぶつけたことになっている・・・警察の調書ではそうなっているので、保険が出ないと連絡が来たようです。こちらの車は自腹、相手の車の修理費をこちらが負担というお話。

 

びっくりして、警察に駆け込んだら、けんもほろろにそうなってます!の一点張り。どうなってるの!?どうしようもありません。警察に堂々と不正をされたらいったいどうすれば良いのか?桶川ストーカー事件の時は志のあるジャーナリストが世論を動かしてどうにかしました。てっちゃんさんのときはNICOSカードの人が解決してくれました。このケースはどうなったのか?

 

たまたまですが、非自民系の左派な市会議員さんの息子さんとこのカップルさんはお知り合いだったそうで。それで、陳情に息子さんと一緒に行ったそうな。義憤に駆られた市会議員さんが警察署に乗り込んだそうです。返答次第じゃ議会で糾弾するぞゴラァ!ってね。

 

そしてわかったことが、この加害者は警察署の副所長の息子だったそうで。息子の不祥事は副所長の人事考査にも影響するから所内で握りつぶそうとしたそうです。しかし、市議会で議題にされたら握りつぶせるわけもありません。副所長は更迭、被害者は無事に救済されたそうです。

 

このお話を聞いて、左派系もなかなかやるもんだと思いました。そしてその人が選挙に出たと聞いて、自民押しでしたが、市会議員選挙はその人に一票入れました。

 

しかし恐ろしい話です。何かしら警察に対するカウンターを持っていないと、下手すれば加害者どころか犯罪者に仕立て上げられないかもしれません。ですんで、警察が牙をむいた時の為に何らかのセカンドオピニオンを準備しておきましょう。一般人には難しいですがね。

 

 

おまけ
ナニワ金融道的なマンガで警察審査会という単語を聞いた記憶がありました。警察の不正に関するクレーム窓口ですよ。

 

しかしググると見つからない!

 

警察審査会 - Google 検索

 

検察審査会というのは出てきます。しかしこれは不起訴っておかしくね?起訴しないとだめなんじゃね?という審査をするとこなんで違う部署っぽい。

じゃあ、無いのか?

 

警察審査会 -検察 でググるとそれっぽい情報が出てきたがどうも、頼りなさげだ。

 

レファレンス協同データベース

 

もう限界かと思ったが、そこは大冒険家、諦めずに探索を進めた結果、下記の情報には希望がありました。

 

detail.chiebukuro.yahoo.co.jp

 

警察の監察官室。番号は非公開ですが電話して聞きまくれば、何とかなるやもしれません。最後の手段に使ってくださいまし。しかし、ググってこれほどまでに見つからないとは・・・・警察組織の闇は深いな・・・