読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

大冒険家dokuhuntのブログ

車中泊中毒者のdokuhuntが日々のストレスと戦いながら毎週ネットラジオを更新し続けるブログです。ネットラジオは水曜日0時更新です

150615/MHX発売決定記念!モンハンの思い出を語ります!/

MH4/短期集中連載!dokuhunt的狩猟日記 外道編 全5回 第4話「ゴールドルナ」

戦いは続く

果てしなく続く

この戦いの先には一体何があるのと言うのだろう?

強敵を打ち倒しても

さらにそれを越える強敵を打ち倒しても

それをも越える敵が現れる

強さに限界はないのか?

このまま戦い続けるしかないのか?

まるで血ヘドを吐きながら続ける悲しいマラソンのようだ・・・

ジーランス君「いや、そんなに酷いプレーヤーにはそうそい会わないし」

dokuhunt「そ・・・そうなのか?」

激闘はもう飽きた。地獄を見れば心が乾くので、本日は地元の知人とスカイプでお話しながらのまったり狩猟。

3DSよりオンライン正式対応になってすんごいありがたいね。離れた土地の友達と繋がるのは楽しくってしょうがない。次回作以降もこれは標準にして欲しいです。

dokuhunt「じゃあ、なんだ、その・・・あ・・相手に会わせて定型文に毒を潜ませたりは・・・」@skype

ジーランス君「しない!全くしない!」@skype

ちなみにこのジーランス君は俺の知る中では最強のガンランス使い。後にMH4最後の緊急クエで、ダラアマデュラを何か人に頼みづらいという理由で単身挑みソロで打ち倒し、団長からの挑戦状をも初プレイでクリアしてしまうという無駄に高いプレーヤースキルの持ち主。

本当に勘弁して欲しい。

dokuhunt「では、何故こんなにも酷い地雷プレーヤーに出会ってしまうのだろう?」@Skype

ジーランス「たぶん、あれではないか?」@Skype

dokuhunt「あれ・・とは?」@Skype

ジーランススタンド使いみたいなもんで、地雷同士は引かれ会うんでは?」@Skype中★付箋文★

dokuhunt「な・・・俺自身が地雷だったのかあぁぁ!」@Skype

ゲラゲラww

適当に部屋を作ってダラダラしていたそんな一時・・・
上位フルフルのんびり部屋で談笑する俺たちの前に・・

そんな平和な一時に「神」が舞い降りた!

あまりの出来事に、ふたりは息をのむ

ジーランス「ま・・・マジか!?」@Skype

お・・・恐ろしいまでのHR・・・
は・・・86だ・・・って!?

俺たちのHRは3とか4ですぞ・・・

金色の装備に身を包み、明らかに場違いなその人は・・・

女神パラス「こんにちは」

dokuhunt「こ・・・こんにちは・・・」

ジーランス「あ・・あの・・こんな部屋でいいんですか?」

女神パラス「よろしくお願いします」

これほどの高HRのハンターを見たことがなかった。
しかし、驚きはそこだけではなかった!

女神パラス「すいません、忍耐の種を分けていただけませんか?」

こ・・これは噂に聞く姫プレイ。
男性は女性に甘いもの。
性差を利用して不当に利益を得る外道の所業!

ここは心を鬼に!

もしもこいつがネカマだったとしたら許せない!

このdokuhunt、容赦はせん!

dokuhunt「ないです!」

あきらかにウソだ・・・
それは承知。しかし、ここで自身の思いを曲げられん!

ジーランス「冷たいやつやな~それぐらい分けてやれよ」@Skype

dokuhunt「違うんだ!こういうやつはなぁ!」@Skype

言うよりも早く渡してしまう。

ジーランス「10個でいいですか?」

あ~あ
渡しちゃったよ

女神パラス「ありがとうございます」

ここまではよくある・・・よくあった風景
しかし、この後の展開に驚愕した

女神パラス「ではお礼に秘薬を10本差し上げます」


なに!

そ・・・そんな!
これでは、まるで俺自身が!

女神パラス「(そう・・今の貴様はたまたま物資が不足していて困っていたレディを容赦なく見捨てたケキ臭い野郎だ)」

ジーランス「え・・・いや・・・なんかすいません」

女神パラス「お優しいのですね」

蔑む視線を感じる・・・
ぬ・・・こいつ・・・こいつは今まで戦ってきた相手と次元が違いやがる・・・

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

一方そのころ
狩猟界に異変が起こっていた!


火山にて


火山岩運搬クエ
非常に面倒くさいが、仲間で手分けすれば何とかはなります。そして非常に沢山の鉱石が手にはいるので個人的には好きな部類。


毒片手子さん「これで最後ですかね」

笛吹造さん「スタミナはサポートしまっせ~」

いい連携で進んでいたその刹那!


槍内さん「うわ!何をする!」

アイテムBOX前で陣取る一人。
火山岩を抱えた人にあろうことか、斬撃をくわえて・・

火山岩が!

そう砕けてしまった!

太刀川瑠衣「ふふふ・・・地雷サイコー!」



そして・・・・

撃龍船上にて

開幕直後からドラを鳴らしてしまうプレーヤー!

スラアク君「いったい何を考えているんだ!」

対ダレンモーラン戦での兵器。
ドラをタイミング良くたたくことで、回避不可能な攻撃から身を守る為のもの。

さらに、大砲に向かって砲弾を運ぶ人に対して

チャックス君「ぐああ!」

容赦ない大険での斬撃!
次々に船上よりたたき落とし、ひたすらにクエストの妨害を行う!

キリア源「ひゃっはっは!地雷サイコー!」

またあるところでは!


パラサイト本部

パラサイト幹部「これはいったいどういうことだ!」

1級パラサイト怒天エクスゼ朗「わかりません、全く意味がわかりません!狩猟を行わず妨害のみを行う連中が現れました!」

パラサイト幹部「なんということだ・・・女神不在のこの時期に」

風雲急を告げるパラサイト本部
狩猟界征服という目的で結成された組織に同様が走る!

そして現れる黒い影!

ウチア源「ふっふっふ・・・」

パラサイト幹部「貴様!何者だ!」

ウチア源「我々は核地雷軍・・・ニュークリアマイン!」

パラサイト幹部「核・・地雷!? ニュークリアマインだと!?」

ウチア源「我々の目的は一つ!狩猟界の壊滅!」

パラサイト幹部「な・・・壊滅だって!?」

ウチア源「そのために、目障りなパラサイトどもを片づける!死ねぇええ!」

パラサイト幹部「うわ~!こいつら、狂ってるぞぉぉぉお!」

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

友人との間に芽生えた若干の温度差

女子が一人混じると生じる違和感
わかる人には分かっていただけるだろう

dokuhunt「(こいつは恐ろしい奴だ・・次に何かを要求されたら)」

女神パラス「(ふふふ・・・そう、簡単に差し出してしまうわ・・・これこそ神の御業・・神のクレクレよ)」

こ・・この俺様が次の一手を全く打てない
恐ろしい相手だ・・・

ジーランス「いちおうフルフル狙いですがいいですか?」

硬直状態を打ち破る、空気を読まない一言
助かった!助かったのは・・・俺自身!

女神パラス「いいですわよ」

ジーランス「おまえさんはOKかい?」@Skype

dokuhunt「ああ、だが、俺に貼らせてくれ」@Skype

そう、こういう時は自分で貼る。
クエストが成功したらその分の契約料がクエストを貼った本人に入る。少ないが常時金欠状態の専業ガンナーにとっては死活問題。

さらに

dokuhunt「2頭ですがお願いいたします」

基本多頭クエストを選ぶ。同じ相手だと報酬の多い方が好き。そして自分は悪魔なので死人の出やすいクエストが大好きです。

赤白フルフル同時クエを貼る

女神パラス「よろしくお願いします」

顔色変えずに参加とは・・・
なかなかやりおるな

ポ~ペ~(クエ開始音)

彼女の目の前には白いやつ
白フルフル「白フルフル~!」

そして自分の前には

赤フルフル赤フルフル~!」

ピポン!ピポン!ピポン!
連打されるサイン。うん。そこにいるんですね。

女神パラス「(男どもはこれでここに集まるはず・・・)」


ジーランス「とりあえず、どうするよ?」@Skype

dokuhunt「白フルフルごとき、HR86さんの敵では無いだろう、俺たち底辺が心配するだにおこがましいぜ
」@Skype

ジーランス「だな!」@Skype

2名は赤フルフル側に合流し、戦闘を開始!

ガンランスライトボウガンで挑むフルフル戦
ジーランスの得物はそういやなんだったけかなあ~

と考えていると衝撃のメッセージが!




女神パラスは力つきた!


dokuhunt「えぇぇええ!」@Skype
ジーランス「えぇぇええ!」@Skype

驚きの声を上げる!
いや、まあ、なんか、ほんと
助けに行かなくてなんか・・・
すいません

女神パラス「(事故よ事故よ!これは事故よ!それになによ!合流するのが当たり前じゃない!なんなのよ!こいつらは!)」

スタート位置から我々の・・・赤フルフル側に合流を急ぐ彼女

だが、合流してきたのは彼女だけではなかった

白フルフル「白フルフル~」
赤フルフル赤フルフル~」

dokuhunt「ちくしょう!この白フルフル野郎!よくもHR86さんをやりやがったな!」@Skype

ジーランス「同時に行くか?」@Skype

dokuhunt「(こやし~こやし玉は・・・・どちらかを退却させるこやしは~・・・・ない!忘れた!)もちろんだとも!」@Skype

死人が出たことでテンションがあがる!

しかし相手も数々の初心者ハンターを恐怖のどん底にたたき落としてきた電気竜!

白フルフル「ダブル!」
赤フルフル「ライトニングサンダー!」

氷原に流れる美しい青き電光!
5本×2、計10本が俺たちを襲う!

dokuhunt「ひぃぃ!緊急回避!N・D・J!」@Skype

N(納銃!)D(ダッシュ!)J(ジャンプ!)
これしかない!必死で逃げる俺!

と、そんなときにわきの相方をみたらば、回避性能なしサイドステップ@ガンランスでかわしていたよ・・・

流石だ。無駄にプレーヤースキルが高い!

ぎゃあああ!

悲鳴が聞こえた
あれ、ちゃんと回避したのに・・・


あ!

入り口に入った直後、彼女は10本の電撃に襲われてしまった!



女神パラスは力つきた!(5分ぶり2度目)


dokuhunt「ひぃぃ!HR86さんが2度も殺されたぞ!」@Skype

ジーランス「なんてことだ・・・」@Skype

dokuhunt「よくもフルゴールドルナ雷耐性ー35のHR86さんを・・・よくもよくもやりやがったな!」@Skype

2度の惨劇
そして彼女は!?

シュワワワ~

女神パラスは離脱しました


ジーランス「え・・・ええぇえ!」@Skype

dokuhunt「うろたえるな!通信エラーだ!たとえ部屋に残っていてもこれは通信エラーだ!クエストリタイヤを選んでいたとしても通信エラーなんだ!」@Skype

ジーランス「じゃあ、どうする?これからどうする?」@Skype




女神パラス「(これは事故なのよ・・・ふつうはそのままリタイヤして仕切直しよ・・・それが普通の考えよ・・・さあ!)」


たしかに上位上がりたて
防具だって半端な下位武装
防御力は100を下回る

しかしだ

しかし、今までの所行を鑑みて

どう考えても

俺とこいつの2人のほうが


女神パラス「(え・・どういうこと!?)」


2人のほうが!遙かにやりやすい!

dokuhunt「あと1死でデッドエンドだ!本気で行くぜ!」@Skype

ジーランス「ヨッシャ!」@Skype

2頭同時、そのまま戦うという狂人の所行

たまらず逃げ出すは白フルフル

白フルフル「し・・白フル~」

dokuhunt「俺の観察眼に反応あり!捕獲可能!」@Skype

ジーランス「じゃあどうするよ?」@Skype

dokuhunt「俺がとっつかまえてくる。おまえさんは赤フルフルの相手を頼む」@Skype

2頭クエの場合、1頭は捕獲する事にしている。何故ならガンナーのアイテム欄に空きが無いから!はぎ取るスペースなんて無いから!

白フルフル「白フル~」

弱ってはいるが上位白フルフル。下位武装で相対するにプレッシャーがハンパない。

だが、こちらには対フルフル用新必殺技がある!

白フルフル「白フル~」

フライングボディアタックを仕掛ける白フルフル
しかし、それをかわされたその刹那!

白フルフル「白・・・フル~zzzzzz」

dokuhunt「こいつは移動がほとんどジャンプなんで罠に誘導しづらい!だから贅沢にも睡眠弾をつかってやったわ。」@Skype

睡眠 → 捕獲用麻酔弾リロード → 罠設置 → 捕獲

流れるように

「残り1頭です」

ジーランス「やりおるな」@Skype

残りの赤フルフルも本気となった我々の前では敵ではない

ジーランス愛用の睡眠ガンランス!そんなもんあったんかいな!というか彼以外が使用してるのを見たこと無い。

相手によって武器を帰るのがめんどくさいという理由から無属性を好んで使用するのが好きなやつ

これもそんな考えの延長線上にあるらしいな

でだ、そいつが一人で赤フルフルを相手にしていたので

dokuhunt「眠るな・・もう」@Skype

残りの睡眠弾。たった数発だが打ってみる

赤フルフル「赤!フル・・・フ・・・zzzzz」

やはりなあ

ジーランス「じゃあ爆弾で片づけるか」@Skype

dokuhunt「もちろん」@Skype

どんなクエにも一応は爆弾を持っていく。
こうでなくちゃ!

dokuhunt「起爆は俺がやるので後はよろしく」@Skype

ジーランス「ラジャ~」@Skype

彼が位置に着く
わかっているねぇ

俺が鬼人弾で起爆する事を
爆破直後に砥石を使用し切れ味最大!
そして鬼人強化された竜撃砲マックスパワーを打つってぇ事を


赤フルフル「赤ァァアアアアア!」

この後はスタッフで大変おいしく頂きました




ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


女神パラス「くそう・・・次こそはあやつを・・・!?」

女神パラスの前に広がるのは破壊されたパラサイト本拠地であった

パラサイト幹部「ぐぅうう・・・」

女神パラス「こ・・これはいったいどういうことだ!答えろ!」

パラサイト幹部「か・・核地雷軍にやられました・・・狩猟界はもうおしまい・・・です」

女神パラス「な・・なんだと!?」

???「ふっふっふ・・その通り・・」

女神パラス「貴様ぁ!何者だ!」

ウチア源「私は核地雷軍最強の戦士、ウチア源。狩猟界壊滅の命をうけここに推参した。貴様を消せば私の任務も完了だ」

女神パラス「壊滅?ふふふふ・・・ハッハッハー!」

ウチア源「?・・・なにがおかしいのですか?」

女神パラス「あの男を倒さぬ限り、狩猟界の征服も壊滅も不可能!」

ウチア源「なに!我ら核地雷軍を止める男だと!?」


女神パラス「やつなら・な!」

ウチア源「んん・・・フフフ・・・おもしろい。いいでしょう。その挑発に乗って上げましょう!」


女神パラス「(頼むぞ・・・我らが寄生する狩猟界の平和を守ってくれ!)」



ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
dokuhunt「ヘックション!」@Skype

ジーランス「どうした?風邪か?」@Skype

dokuhunt「いや、何かとてつもなく悪い噂が流れたような・・・」@Skype




MH4/短期集中連載!dokuhunt的狩猟日記 外道編 全5回 最終話「ワンジャスティスミリオンパワー」

 

 

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

いや~今週は忙しかったなあ~

そういいつつも、本日は車中泊に来てたりします。

 

まったりと温泉入って、この後一杯行ってきますわ