読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

大冒険家dokuhuntのブログ

車中泊中毒者のdokuhuntが日々のストレスと戦いながら毎週ネットラジオを更新し続けるブログです。ネットラジオは水曜日0時更新です

いったいどこまで続くのか?/150821/ポケモンの映画とか


改めましてこんばんは
大冒険家のdokuhuntです。

さて、本日のお話はポケモンの映画についてです。

正直なところポケモン映画は偉大だと思います。
シリーズ数は圧倒的で、ふーてんの寅さんの作品数に今後挑める可能性があるのはポケモン映画ドラえもん映画かと。コナン君は近々終わると明言しているので今後は厳しいなと。

自分が劇場で、見始めたのは4作目で、キュレムゲノセクトイベルタルときて今回のフーパです。

ポケモンは言わずとしれたゲームが土台にあって、それでアニメ及び映画が続くというメディアミックスを完璧にこなしている作品です。

新作のゲームが出る都度、アニメも新シリーズになり、新しい伝説のポケモンが誕生し、それを題材にした映画が出ると。だいたい2年に一度のスパンで新作(orリメイク)が出るので完璧なローテーションで回っているのもすごい。飽きがこないか?という問題に関しては、子供世代が一定数参入するので最低数は確保し、親世代も子供にせがまれてゲームを再開するので、再びローテーションに組み込まれるという状況。

おそらくはこの輪廻は無限に続くのではないかと思われます。

あと、ゲームについてもすごいですね。ストーリーはほぼ一本道です。8つのジムでジムリーダーを倒してバッジを8つ集めたら四天王を倒してチャンピオンになる。これしかないです。その途中に悪の組織が絡んできてだいたいは途中で壊滅します。

毎回ほぼほぼこの通り。

飽きがこないか?

いえいえ、メインは対人戦です。ストーリー中に捕まえたポケモンを鍛えて戦うのです。

この対戦がすごく面白くて、時代に合わせて戦法の移り変わりがあり、さながら将棋や麻雀のようです。ちなみに麻雀で亜空間戦法が最近完全否定されたと聞いて驚いてます。

あと、最近の子供は女の子でも平気で参戦してきますからね。これも相当すごいね。
 

ゲームに関してはこんなところですが、ポケモンのアニメも相当すごいです。

まず主人公のサトシ君がほっっとんど成長しないんです。しかも新シリーズが開幕すると、今まで育てた仲間をピカチュウを除いてすべておいて旅に出ますから(これは初代のライバルが新しい地方に挑む際には自分をさらに成長させるため、育てた仲間のポケモンと別れていったことが影響している模様)ゲームも主人公はいっさい成長しませんので、そこを踏襲していると言えばそう言えるかもしれません。

一般的には、チャンピオンになるために鍛えまくって強くなる!やがて最強となった主人公は!という流れが王道ですがポケモンアニメの場合は主人公の強さが全くインフレしないから、延々と物語が続くのかと。

テレビシリーズでも、サトシ君ライバルに準々決勝とかで
普通に負けて終わりますから、その辺は結構リアルです。なかなかドカン!と行かないのがきっついですね。主人公補正がほんとに無いので、トーナメント戦の緊張感がハンパないです。

延々と映画に関係ないことを書きましたが、映画自体は近年で一番おもしろかったですよ。

毎回なんですが、上記のようなサトシ君が伝説のポケモンに相対したときに何をするのか?

正直何もできないです。必死に説得したり体を張ったりして相手の心を動かして毎回どうにか何とかする。真っ向勝負では全くかなわないのでそれ以外のところで戦うってのがいいですね。正しい子供映画だと思います。

無能力者が活躍するバトルものが好きな方にはお勧めです。

そういや、同系統にクレヨンしんちゃんもあるな(笑)


f:id:dokuhunt:20150821181100p:image



www.pokemon-movie.jp