読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

大冒険家dokuhuntのブログ

車中泊中毒者のdokuhuntが日々のストレスと戦いながら毎週ネットラジオを更新し続けるブログです。ネットラジオは水曜日0時更新です

奉納プロレスを見てきた感想などを書いてみるその③&ラスト! プロレス団体が永遠に続くためには?

改めましてこんばんは
大冒険家のdokuhuntです。
 
さて、前回、前々回の続きのお話となります。
 
試合内容についてのお話をしてきたので、今回は毛色の違うお話をしたいと思います。昔からプロレスを見てきた為、地上波が無くなったり団体がつぶれたりする悲しい時代も見てきました。
 
事務所に電話がつながらないので、週刊誌(プロレスの)に倒産!と書かれてしまった団体から、お金ないから電話代払っていないだけです!とかいうクレームの電話がレスラー本人からきて、一般社会で事務所の電話が突然つながらなくなったら倒産だよ!と記者に逆説教されるような悲しい時代です。
 
ですので、誕生した団体はできるかぎり長続きしてほしいし、好きなレスラーには幸せになっていただきたいと常々思っていました。
 
さて、最初になんでこんなお話をしたかというと、プロレス団体も潰れてきた団体から学習し多角経営をしているからです。
 
岩手県盛岡市に本社のあるみちのくプロレスは、こういう徳島ラーメンの店舗も運営しています。
 

 
また、神奈川県横浜市大日本プロレスは引っ越し屋もやってますね。
 
そうやって経営を安定させて、プロレス興行を打つに十分な資本を確保するという方法です。これは頭良いと思いましたね。
 
会社の目的がプロレス興行を安定して打つことですからね。金儲けが全てではないというのが本当な経営ですよ。
 
少し前に流行った自己実現という言葉ですが、それを地で行ってます。あの四角いジャングルに立って声援を受けるという行為には物凄い効果があるようで、プロレスを引退してもほとんどの場合、復帰してきてしまいます。引退を決意するに体のケガや体力の限界などありますが、体力は鍛えなおし、ケガを治療してしまうとどうしてもまた上がりたくなってしまうみたいです。
 
リングの上の世界では全てが認められます。
 
LGBT、人外、透明人間、太古の遺跡からよみがえったミイラ男(しかもメカ)
 
全てが否定されない、優しい世界です。
 
レスラーがリングを折りたくない気持ちはとてもよくわかります。承認欲求が最大限に満たされる場所ってのは他にはあんまり想像がつかないですもんね。
 
リングに上がり続けたいから、経営を軌道に乗せるために飲食も頑張るってシステムで会社が回っていれば、無限に続いていけますね。これでちゃんとお金が出ていれば、本当に理想の会社形態っすな~
 
おまけ
 
今まで一度も仙女の会場で目にしてことのなかった、マスターことザグレートサスケが会場に!

f:id:dokuhunt:20160619124048p:image

 
その鋭い眼光は何を捉えていたのか!?

f:id:dokuhunt:20160619124036p:image

 
そう、みちのくORI姫隊である。

f:id:dokuhunt:20160619124042p:image

 

 
これも生まれて初めてジュニアアイドルのライブを見てしまいましたが、歌も踊りも昨今は本当にちゃんとやるから、パフォーマンスとしても見ごたえがあった。
 
しかし、アレはかなりヤバいです。
本当にヤバいですよ~
 
まずは笑顔がヤバいです。グッズとか買うと笑顔でありがとう言ってくれますしね。その子がステージに立って歌って踊っていつもありがとう!とか言うんですもんね。
 
学生時代に女子とそういう思いでもない人がこんなの無修正で見せられたら、本当に危険ですよ。政府が規制したほうがいいぐらいです。そんぐらいまぶしかったです。
 
最後に一つ。 
仙台ガールズプロレスはすごいよ。
こんなライブも一緒にしたり、地方の体育館とかの興行では合間にママさんコーラスの発表会とか入れて収穫しますから。ちょっと恐ろしいほどの地元との繋がり&運営力です。今回の興行には衆議院議員さん来て挨拶していたしね。
 
里村選手は将来的には政治家になるやも知れません。
もう地盤できてますもんね。生かさない手はないですよ。